金融行動監督機構 (FCA)

Tickmill UK Ltdは英国金融行動監督機構(登録番号 717270)にて認可・規制されています。 FCAは独立した公式の団体で、2000年金融サービス市場法によって法的権限を与えられており、  リテールとホールセールの両方の英国金融サービス企業にて行動を規制します。 規制先のミッションは、消費者の保護を目的とし、市場の整合性を強化、競争を促進することで、金融市場の機能を改善していくことです。

キプロス証券取引委員会 (CySEC)

Tickmill Europe Ltdは、キプロス証券取引委員会のCIF有限会社(登録番号 278/15)として認可・規制されています。CySECはキプロス共和国の金融規制先で、2001年の証券取引委員会(設立と責任)法のセクション5にて設立されました。CySECの目的は、投資家保護の安全性を図り、効率的な監視を通して証券市場の健全な発展を促進することです。

セイシェル金融サービス機構 (FSA)

Tickmill Ltdはセイシェル金融サービス機構の証券ディーラー(登録番号 SD 008)として規制されています。FSAは2013年金融サービス機構のもとに設立されました。規制先のカギとなる責任は、ライセンス供与、そして強固な規制制度を通してセイシェルの銀行以外の金融機関の監督・発展を含みます。

プライバシー監視機関 (ICO)

GDPR規制は、EUにてビジネス展開、あるいは、EU内に顧客を持つ全ての国際企業に影響を及ぼします。GDPRまたは一般データ保護規則は、その所在地に関わらず、全てのヨーロッパ連合のデータ主体を保護します。 プライバシー監視機関 (ICO) – 規制番号 ZA179751 プライバシー監視機関

登録

 

指導とメンバーシップ

第二次金融商品市場指令

EUの金融商品市場指令 (MiFID II)の指導2014/65/EUは、ヨーロッパの経済地域にて、投資サービスの規定の為の、調和された規制制度を提供します。指令のカギとなる目標は、効率性を最大化し、金融の透明性を高め、競争を促進し消費者により良い保護を提供することです。  MiFID IIは、投資企業が、他のメンバー地域と/あるいは第三国の地域内にて、許可先にてサービスがカバーされている投資サービスあるいは付属サービスを提供することを許可します。

金融サービス補償機構 (FSCS)

Tickmill UK Ltdは金融サービス補償機構のメンバーです。FSCSは、2000年金融サービス市場法によって設立された、英国金融サービス企業によって規制されたお客様の最後の手段となる、独立した補償基金です。FSCSの目的は、企業が取引中止、あるいは債務不履行となり請求された金額を支払えない場合に、補償金を支払うことです。

投資家補償基金 (ICF)

Tickmill Europe Ltdは投資家補償基金のメンバーです。ICFは、法144(Ι)/2007の条項59(1)と(2)によって、CIFクライアントの投資家補償基金として設立され、その機能はCySECの指令144-2007-15によって規制されています。基金の目的は、ICFメンバーに対するクライアントの請求に関して、基金メンバーが支払い義務を果たすことのできない場合に、いかなる要求への補償支払いを確実にすることです。